• 会社沿革・代表挨拶
  • 会社概要・アクセス
  • 採用情報
その金型「悪かろう」「安かろう」ではないですか?
悪い例 A社の金型
例 A社の金型のイメージ

ダクトホースのINJ型では、ホットランナー仕様の金型が多く見られる。また、左右反転型で1点落としの2個注入が主流である。

長所

金型製作費を抑えることができる。

短所

PL面にランナーが必要になり、材料が無駄になる。

左右反転のため、製品を脱型するときに斜めに抜く。(矢印方向)

焼け材が混入しやすく、不良率が高い。
※当社でホットランナー仕様をコールドランナー仕様に変更した金型では、不良率50%が2%に軽減された。

左右反転のため、必ず片側にエアー不良が発生する。

ホットランナー仕様は金型製作費を抑えるには効果はあるが、不良率が高いのと材料の無駄が発生するので、長い目で見れば、コストアップに繋がる。

当社の金型
当社の金型のイメージ

長所

作業性を第1に考えてあるので、脱型しやすい。

コールドランナー仕様のため、材料の無駄が発生しない。
※上記の金型ではサイドからゲートで注入しているが、ダイレクト注入も可能。

左右反転させないため、製品の品質が安定する。

成形機の種類にもよるが、自動脱型可能。

短所

ホットランナー仕様に比べ、コールドランナー仕様は部品点数が増えるため、コストが上がる。

左右反転させないときには、金型コストも上がる。

コールドランナー仕様また脱型重視で金型を製作した場合は、金型費がコストアップするが、長い目で見た場合には、材料の無駄も省けるし、脱型にも時間がかからず、トータルコストを抑えることは可能。

CASE 過去にあったこんな事例 01 COMP注入型の不良率が高いので、INJ型に改造した。 02 INJ試作金型のコストダウンのため、取付板を共有できるようにした。 03 製作した金型屋が廃業したため、修理・改造・メンテを行った。 04 図面のないゴム製品の金型を製作した。 など… その他の場合でも
インジェクション金型 INJECTION MOLD
コンプレッション金型 COMPRESSION MOLD
まずは私たちが手掛けたゴム金型の製作加工事例をご覧下さい。
ドレンホースのイメージ

ドレンホース

詳細説明

ドレンホースのCP注入型です。
Φ10と細く高低差も50mmあったので大変でしたが治具を活用しながら削り出しました。

タイプ

CP注入型

サイズ

200×200×200

取数

試作1個取り

ブーツのイメージ

ブーツ

詳細説明

蛇腹グロメットのINJ型(射出成形型)です。
エアーを使用して製品を自動落下させます。

タイプ

横INJ型

サイズ

350×300×400

取数

4個取り

ブーツのイメージ

ブーツ

詳細説明

高低差100mm以上の金型です。
エンドミルの突き出しが長いため苦労した力作です。

タイプ

CP注入型

サイズ

300×300×300

取数

試作1個取り

その他の加工事例を見る

ご案内ムービー MOVIE

新着情報 NEWS

新着情報

一覧を見る

2015/04/06

NC旋盤加工・マシニング加工サイトをリニューアル致しました。

2015/04/06

ホームページをリニューアル致しました。
今後ともよろしくお願い致します。

2014/11/01

品質マネジメントの国際規格であるISO9001を認証取得しました。

  • NC旋盤
  • マシニングセンター
  • その他主要設備